びっくりドンキー

株式会社アレフ様及び株式会社サイゼリヤ様とは一切関係ありません。

カレーは飲み物でなければ何であるか?

(この記事では基本的に、一般的なライスにかける前の状態のカレーが何なのかということについて考えていきます。そして、感覚で出た結論に後からそれっぽい理屈で肉付けする形で、決めつけモリモリで書いているので違うだろ!って所があったらコメント等でお知らせください。)

カレーは飲み物ってよく言うけど実際どうなんでしょうか。

たしかに今一度見てみるとカレーライスのライスない状態のカレーって液状部分が多くて、どちらかというとシチュー類に近い質感を持っている気がします。

しかし、考えてみてください。カレーは飲みません。

いやカレーをストローで飲む人もいますし実際私もこの間微妙に余ったカレーを処理するために飲んだんですけど、そういうのではなく、もっと一般的にカレーがどう扱われているかということです。例えば、お店でシチューが出てくるときとカレーが出てくるとき、シチューはそれ単体で出てくることも多いですが、カレーは大抵ライスの脇にかけられた状態か、そうでなくても、お店が「カレーにつけて/カレーをかけて食べるもの」と想定しているはずの何かが一緒について来ているはずです。お店によっては違うところもあるかもしれませんが、そういったモノは大体「カレーはライスやナンとかと一緒に食べるもの」という認識の裏を突いてユニークさを狙ったものだと思います。レトルト食品のパッケージ画像とかも同様に、カレーはライスにかかった写真が使われていることが一般的です。カレーをストローで飲む人も、そのスタイルが奇妙であるから話題になったのです。

こうすると、カレーは飲み物のような姿を持ちながら、他の食べ物と合わせることで食べ物として摂取されるという独特な形態の料理であることがわかります。ここまで考えて「調味料的なものでは?」とも思いましたが、カレーは量的にも料理の主役となる構成要素であるという点で調味料とも異なります。

ここで私には「ご飯のお供」という言葉が思い浮かびました。明太子や食べるラー油などのいわゆる「ご飯のお供」は食品でありながら卓上調味料的な性格が強く、こういった面ではかなりカレーに近い性質を持っていると言えます。しかし、料理の主役であるカレーに対して、「ごはんのお供」はあくまで文字通りご飯に付き従う存在であり、ご飯に対して使用する量も少ないです。なのでカレーを「ご飯のお供」と断じるのも違う気がします。

このように、カレーは分類することが非常に困難な、ユニークな性質を持った料理です。カレー飲み物論争に終わりは来るのでしょうか。

トランスアーティストのオリジナルアルバムを聴こう!!!!!!!

はいみなさんこんにちは!元祖サイゼリヤです。タイトルにもある通り、今回はトランスのアルバムについての話です。

まずクラブミュージック好きな皆さん、どうやって曲買ってますか?たぶんシングルミックス音源、あるいはコンピレーションアルバム単位で買ってる人が多くて、アルバム、特にオリジナルアルバムを買っている人はあんまりいないと思います。

あんま派手な曲入ってないからとか、クラブでの実用性とかそういう理由もあると思うんですけど、それにしてもあまりにもアルバムの話題見たことが無いので、今回はおすすめのトランスアーティストのオリジナルアルバムを紹介していきます。

続きを読む

【アーティスト紹介】パワー系Uplifting Tranceの鬼!Darren Porter

f:id:kyothough:20181030100138j:plain

こんにちは、元祖サイゼリヤです。今回は12/15、WARP Shinjukuにて初来日が予定されているDarren Porterを紹介します。個人的に一番好きなトランスアーティストの一人です。

続きを読む

【アーティスト紹介】Uplifting Trance界のエース!James Dymond

"もし'Uplifting'という言葉を辞書で調べたら、絶対にJames Dymondがそこに出てくるね" - Armin van Buuren

f:id:kyothough:20181007121655j:plain

 こんにちは、元祖サイゼリヤです。当ブログではアップリフティングトランスの普及のため、アリフィラの記事に続きアップリフティングトランスのアーティスト紹介とかもやってみようと思います。今回はイギリスから、アップリフティング界のエースJames Dymondを紹介します。

続きを読む

FL Studio付属プラグインでビットクラッシャーする方法

こんにちは、元祖サイゼリヤです。

最近DTMerとしての姿を見せていないので今回はDTM記事を書こうと思います。つまり曲ができていないということです。

ときに皆さん、ビットクラッシャー (Bit Crusher)というものはご存知でしょうか。エフェクターの一種で、デジタル的に音質を下げて独特の効果をもたらすやつです。詳しくはこちらを見てみてください。

偏ったDTM用語辞典 - ビットクラッシャー:Bit Crusherとは - DTM / MIDI 用語の意味・解説 | g200kg Music & Software

サウンドを手軽にノスタルジックな感じにしたり、キラキラさせたり、ブッ壊れたような歪みを生み出したり、エレキベースでチップチューンを演奏できたりする意外な魔法のエフェクターです。

しかし、我らがFL Studioにはビットクラッシャーという名前のプラグインは付属していません。ところが、付属プラグインで似たような効果を生み出す方法もあります。

用意するのはFruity Wave Shaper

f:id:kyothough:20180726150418p:plain

エフェクターの「Distortion」のところから…

f:id:kyothough:20180726150658p:plain

こいつですね、波形を弄って歪ませたりするプラグインです。オートメーションとかと同じように、お絵描き感覚で自由に波形を弄れます。詳しい説明は他所当たってください。

マス目に沿って波形を描き描きしたりもできるんですがくそめんどいのでこっちを使います。

f:id:kyothough:20180726151523p:plain*1

波形の右端を右クリックするとこんな感じのメニュー?が出てきます。このメニューによって、今直線になっている波形の線をなんか違う感じにできます。

ここで「Stairs」を選んで、真ん中のマルを上下に動かして線のtensionを変えると…

f:id:kyothough:20180726152834p:plain

f:id:kyothough:20180726153016p:plain

 

f:id:kyothough:20180726153105p:plain

ご覧の通りビットクラッシャーっぽいのが出来上がりました。出来上がりましたら自分で音を出して試してみてください。ビット数が比較的高いと元の音にいい感じにノイズが乗ったような音が出たり、下げていくと変な歪み感が出ます。

ただこれだとDistortion Amountのオートメーションが書けないので、曲終わりにだんだんビット数を下げてズボォッって音を出したいとかそういう時は他のプラグインを探してみてください(2018/07/23追記:コメント欄でFL付属プラグインでやる方法を教えていただきました。ご覧ください)。では。

*1:なんかプラグインの形が変わっていますが、これは右下の歯車マークをクリックしてオプションみたいなのを出した状態です。さらに左上のスイッチを使って「波形の上半分のみを編集して下半分は上半分の編集をひっくり返して適用するモード」から「上下ともに編集できるモード」にしてあります。どっちでもいいと思いますけどなんとなくです。

来日決定!Aly & Filaって!?

f:id:kyothough:20180601190641j:plain

(2018年6月7日追記:情報の誤りを確認しました。誤りが確認されたのは以下の三点です。

  • Alyのは耳の病気ではなく、ライブ中の大音量による鼓膜の損傷を受けている*1
  • FSOEはArmada系列のレーベルとして設立されたのではなく、最初はOffshore Musicというレーベルの傘下に設立され、その一年後にArmada系列に移籍した*2
  • 「よく練られたセット」という表現があるが、インタビューにおいて「セットを事前に作ることはなくすべて即興である」という旨の発言があり不正確*3

以上の点を訂正し、また不正確な情報を書き記したことをお詫びさせていただきます。)

 

 

こんにちは、元祖サイゼリヤです。

今月22日に東京・渋谷のWOMBで、23日に大阪・アメリカ村JOULEAly & Filaの来日公演があります。しかし、彼らのやっているトランス音楽は日本ではあまりメジャーではないので誰このおっさんと思われてる方も多いと思います。そこで今回はAly & Filaについて紹介記事を書いてみようと思います。

続きを読む