びっくりドンキー

株式会社アレフ様及び株式会社サイゼリヤ様とは一切関係ありません。

オタク・Trance・ブートレグがもっと聴きたい

こんにちはどうも元祖サイゼリヤです!

今回の記事は、タイトルにもある通り「オタク・Trance・ブートレグ」がもっと聴きたい!という話です。

オタク・Trance・ブートレグとは?

そもそも「オタク・Trance・ブートレグ」とは?まあ文字通りトランスのブートレグ(非公認のリミックス)のことなのでありますが、この言葉を構成する三つの部分のうち、特に「オタク」「Trance」を紐解くことによってより「オタク・Trance・ブートレグ」がなぜ魅力的なのかが明らかになります。

オタクTranceブートレグ」の「オタク」とは「アニソンやエロゲソングなど、オタク音楽のボーカルをベースとしている」ということ。

そして「オタクTranceブートレグ」の「Trance」とは、「トランスのうち、特に海外風のモダンなサウンドを志向したものである」ということです。

まず「オタク」について。上で述べたようなオタク音楽の多くに共通する特徴として、「歌のメロディーが非常にキャッチーである」「歌詞が日本語である」という点が挙げられます。特にトランスにしやすいようなBPM130~140周辺またはハーフテンポのBPM70辺りの曲は歌メロがキャッチーながら曲調が絶妙にアップテンポすぎないことが多く、また歌詞の意味も頭に入ってくるためすごいノスタルジーを引き起こします

また「Tranceサウンドは近年目覚ましい進化を遂げており、壮大でエモーショナルなサウンドはまさに心の中にある風景をそのまま音で描写したようなものとなっています。

この「オタク」「Trance」の二つの要素が組み合わさることによって、和魂洋才が力を合わせて滅茶苦茶にノスタルジーを喚起するものこそが「オタクTranceブートレグ*1」なのです。

おすすめのオタク・Trance・ブートレグを紹介!

Toki Wo Kizamu Uta(Uplifting Trance Mix)

soundcloud.comShattermind RecordingsオーナーであるSpawn氏による、「CLANNAD AFTER STORY」OPのリミックス。伸びやかな歌声と暖かいメロディー、シネマティックなドラムが素敵。そして一番のサビ前のフィルが超カッコイイ。

松澤由美 - SNOW (Nago Uplifting Vocal Bootleg Mix)

soundcloud.com

PCゲーム「SNOW」のテーマソングをDigital LogicsのNago氏がリミックス。私は原曲存じ上げなかったんですがテンポが全然違うんですね。違和感なくアップリフティングになっててすごい。

今井麻美 - 朝焼けのスターマイン(A.W.K. Bootleg Remix)

soundcloud.com上で挙げたSpawn氏と同じくShattermind所属のClion氏(A.W.K.名義)による「プラスティック・メモリーズ」EDのリミックス。同じボーカルを使ってるはずなのに原曲のポップな感じとは全然違う壮大でややシリアスな空気感がある。アウトロの余韻の扱い方も好き。今年のTOTY候補の一つ。 

レム - Wishing(A.W.K. Remix)

soundcloud.com同じくA.W.K.氏による「リゼロ」挿入歌のリミックス。テンポは136とアップリフティングにしては遅めですがエモーショナルなメロディーが怒涛の勢いで押し寄せます。イントロで原曲のイントロを使ってIntro Mix風味にしているのも良い。

 

 

 f:id:kyothough:20190625090821p:plain

このブートレグが出た時大変感動してついコメントしてしまいました

 

 

 

 

 

f:id:kyothough:20190625193451p:plain

ほら一番古いコメントが多分私の…

 

 

 

 

 

f:id:kyothough:20190625091008p:plain

ん??????????

 

AirLab7 Ft. Inori Minase (Rem)- Wishing [Fan Mix]

soundcloud.comなんとAboraやInfrasonicで活躍するマジの実力派プロデューサーにしてトランス界最前線にいる最強のオタクホンジュラスAirLab7師も同曲のブートレグを作っておりました。水瀬いのりさんのボーカルがシーン屈指の透明感を誇る師のサウンドに乗ってくる、透明感と透明感は足して100倍です。え?

数が少ない

 オタク・Trance・ブートレグの魅力、理解していただけたでしょうか。

ただこのように最高のジャンルではあるんですが、如何せんオタク・Trance・ブートレグは数が少ないんです。理由としては「そもそも国内にTranceを作るオタクが少ない」「TranceにしやすいようなBPM帯・曲調のオタクソングが少ない」ということが考えられます。

このような素晴らしいオタク・Tranceが、いやブートレグじゃなくともオタク・Tranceがたくさん聴ける未来が来るといいですね。私も頑張っていこうと思います。

 

 

あと挙げてない曲でいいのあったら教えてください

*1:ブートレグじゃなくて公式でこういうもの出してくれればスゲェ嬉しいんですが、日本でモダンなトランスは商業的に見向きもされていないのが現状なので厳しいと思われます。あえて言うならそこに商業的動機ではなく純粋な「」があることこそがブートレグの魅力なのかもしれませんね。でも業界の潤沢な予算で作られたガチトランスも聴きたい。

凛として時雨 2019/05/18 仙台PIT レポ

元祖サイゼリヤです。本日2019年5月18日、凛として時雨のLIVEに行ってまいりました。時雨のLIVEは以前仙台GIGSで一度参加しており、それが最高だったので今回も参加を決めました。今回ももう本当に素晴らしくて、書きたくなってきたのでライブレポ的なのをやってみることにしました。覚えてる範囲でですが…

続きを読む

最近買った曲(2018年4月・Beatport編)

皆さんいかがお過ごしでしょうか、どうも元祖サイゼリヤです。

春M3に参加された皆さんお疲れ様でした。私は参加できなかったため欲しかったCDをDiverse Directで注文しました。まだ届いていないので、今回は4月にBeatportで買った曲からオススメを紹介していこうと思います。

続きを読む

最近Spotifyで聴いて良かったアルバム

こんにちは元祖サイゼリヤです。

他所でも報告させていただきましたが最近海外レーベルと契約させていただきました。https://twitter.com/KyothoughMUZiiK/status/1117262507188469762https://twitter.com/KyothoughMUZiiK/status/1117262507188469762https://twitter.com/KyothoughMUZiiK/status/1117262507188469762https://twitter.com/KyothoughMUZiiK/status/1117262507188469762

こんなにお祝いのリプをもらったことは初めてです(誕生日を公開していないので)。ありがとうございます。

さて契約が決まったわけなんですが、これに際してギャラを受け取れるようにPayPalアカウントを作りました。PayPalってクレカ無きゃダメだと思ってたけど銀行口座でできるんですね。

で、PayPalアカウントを作ったので他にもいろいろできんじゃね?ワーイ!俺は自由だ!!!!!と思って早速Spotifyプレミアム無料体験を始めてみて、通学中とかにダウンロードした曲を聴いてみてるんですが、ッスッゲェ楽しい。なんというか日常生活と音楽との距離がだいぶ狭まった感じがします。

というわけで今回は最近Spotifyプレミアムで聴いてみて良かったアルバムを紹介していきたいと思います。今回はトランス成分無しです。

続きを読む

春のボーカルトランス特集!!!!!!!!!!

あいどうもこんにちは!!!!!元祖サイゼリヤです。

 

最近部屋で音楽聴いてるときに親が入ってくるとたまに曲の話になったりするんですが、よく「歌はないの?」って言われます。多くの人って歌以外はモブだと思ってるので歌入っている音楽が圧倒的支配層なんですよね。ジャンルが何であれインスト好き男(お)は何かしらの生きづらさを抱えて生きています

しかしトランスマンだって歌モノは大好きです。直近7年のASOT Tune Of The Yearのうち5曲はボーカルトランスです。そのうち3曲がGareth Emeryです スゲェ

ということで今回は!春の!ボーカルトランス特集です!歌パートが特にキャッチーなのを選んでみたのでトランス初心者にはりきっておすすめしていきましょう!

続きを読む

最近買った曲(2019年1月)

こんにちは元祖サイゼリヤです。長いことやってなかった最近買った曲シリーズですが、継続がむずいので今後は不定期的にやっていこうと思います。

続きを読む

カレーは飲み物でなければ何であるか?

(この記事では基本的に、一般的なライスにかける前の状態のカレーが何なのかということについて考えていきます。そして、感覚で出た結論に後からそれっぽい理屈で肉付けする形で、決めつけモリモリで書いているので違うだろ!って所があったらコメント等でお知らせください。)

カレーは飲み物ってよく言うけど実際どうなんでしょうか。

たしかに今一度見てみるとカレーライスのライスない状態のカレーって液状部分が多くて、どちらかというとシチュー類に近い質感を持っている気がします。

しかし、考えてみてください。カレーは飲みません。

いやカレーをストローで飲む人もいますし実際私もこの間微妙に余ったカレーを処理するために飲んだんですけど、そういうのではなく、もっと一般的にカレーがどう扱われているかということです。例えば、お店でシチューが出てくるときとカレーが出てくるとき、シチューはそれ単体で出てくることも多いですが、カレーは大抵ライスの脇にかけられた状態か、そうでなくても、お店が「カレーにつけて/カレーをかけて食べるもの」と想定しているはずの何かが一緒について来ているはずです。お店によっては違うところもあるかもしれませんが、そういったモノは大体「カレーはライスやナンとかと一緒に食べるもの」という認識の裏を突いてユニークさを狙ったものだと思います。レトルト食品のパッケージ画像とかも同様に、カレーはライスにかかった写真が使われていることが一般的です。カレーをストローで飲む人も、そのスタイルが奇妙であるから話題になったのです。

こうすると、カレーは飲み物のような姿を持ちながら、他の食べ物と合わせることで食べ物として摂取されるという独特な形態の料理であることがわかります。ここまで考えて「調味料的なものでは?」とも思いましたが、カレーは量的にも料理の主役となる構成要素であるという点で調味料とも異なります。

ここで私には「ご飯のお供」という言葉が思い浮かびました。明太子や食べるラー油などのいわゆる「ご飯のお供」は食品でありながら卓上調味料的な性格が強く、こういった面ではかなりカレーに近い性質を持っていると言えます。しかし、料理の主役であるカレーに対して、「ごはんのお供」はあくまで文字通りご飯に付き従う存在であり、ご飯に対して使用する量も少ないです。なのでカレーを「ご飯のお供」と断じるのも違う気がします。

このように、カレーは分類することが非常に困難な、ユニークな性質を持った料理です。カレー飲み物論争に終わりは来るのでしょうか。